今日、職場で市県民税の決定通知書を頂きました。

高校の授業料の無償化が終わり、所得制限付きの授業料支援金に現在は変わっています。

世帯(親権者。収入のある祖父母が同居していても両親が扶養していたら祖父母分は含めない)市町村民税の所得割額の合計が304,200円以上なら支援金は受けられません。

所得割額の金額を言われてもピンときませんが、年収でいうと910万円だそうです。
これ(所得割額での制限額)は子供が何人いようが関係ない数字です。

この世帯年収というところがポイントで、910万を超えているから該当しないわと確認せずに諦めてはいけないそうです。

我が家のようにパート主婦でも社会保険料を払っていると、負担が大きいので逆に控除も多くしてもらえます。
ですから我が家の世帯年収は910万を超えていますが、今のところこの所得割額の制限にはかかっていません。
でも、このまま夫婦ともに年収が上がると助成を受けられない可能性はあります。

そこで裏技的に使えるのが、ふるさと納税なんです。
ふるさと納税した額は控除してもらえるので
年収制限にかかっていても、その控除のおかげで所得割額が減り、助成金受給対象になり得るというわけです。

高校一年生は、前年度の課税証明書を出す必要があるので、確実に支援金を頂くには2年前、つまり中2の年からふるさと納税をしておくべきなんですね。
(住民税は前年の所得に対して課税されるので、前年度の証明書=2年前の所得)

ただし、大阪府はこの裏技に対して対策を取ると先日報道されていたので…そのうち使えなくなりそうですが。

うちの子達は児童手当も15000円の恩恵に与れなかったし、予防接種も任意だったものが今では無料で接種できるようになっているし、妊婦検診も今では無料券があったりするようですね。
なんだか制度のはざまでこぼれていく年代という感じです。


なんか愚痴っぽくなりましたが、とりあえずふるさと納税、オススメです‼️


にほんブログ村